はじめての老人ホームガイド

これで解決!介護施設の種類や特徴について

老人ホーム,介護施設

この記事をご覧になっている方は、介護施設にはどのような種類があり、「自分の家族に適した施設はどこだろう?」と疑問を感じているのではないでしょうか。
これから介護施設の種類や特徴、併せて選ぶポイントについて解説します。

介護施設を選ぶ際は、家族の状況把握と種類ごとに施設を理解するのが大切

介護施設の選ぶ前に、家族がどういう状態かを把握しておく必要があります。

1人で調理・洗濯・掃除・入浴などができるか。家族と暮らしているか。または周りに頼れる人はいるか、どれくらいサポートを受けられるか。認知症は進行していないか。歩行能力はどれほどか。

それらを把握したら、各施設の特徴を理解し、適した場所を探しましょう。
例えば、病院に入院中に足腰が弱り、独居をするには心配な方は、歩行訓練を受けられる「介護老人保健施設」を選択します。
このように、介護施設を選ぶ際は、個人個人の状態や環境に合わせることが大切です。

介護施設の種類と特徴

介護施設には、種類ごとに特徴が異なります。注目すべきポイントは施設の概要・運営主体・入居条件・費用です。
これから紹介していく施設は、民間が運営しているのが「サービス付き高齢者向け住宅」、「介護付有料老人ホーム」、「住宅型有料老人ホーム」、「グループホーム」です。一方で、公的機関が運営しているのが「特別養護老人ホーム」、「介護医療院」、、「介護老人保健施設」、「ケアハウス」です。それぞれ解説します。

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とは、介護度の軽い方が、常駐する生活相談員による生活支援や見守りなどのサービスを受けられる介護施設です。具体的なサービスの内容は、食事の提供や買い物の代行、病院までの付き添い、定期的な安否確認などです。

「基本的に自立して生活できるけど、体調が急変したり転倒したりしないかが心配」といった方に向いています。サ高住は施設により、サービスの内容が異なるケースがあります。また、一般形と介護型に分かれており、介護型では介護サービスを受けられます。
費用については、一般形は初期費用で数10万~数100万円であり、月額費用5万~25万円が相場です。月額費用の中には家賃や管理費用が含まれます。一方で、介護型は初期費用で数10万~数1,000万 月額費用15万~40円です。

入居対象者は、一般形は主に自立している方や介護度の軽い方です。介護型は要支援1から要介護5まで利用できます。

介護付有料老人ホーム

介護付有料老人ホームは、食事・排泄・入浴など基本的な介護サービスを受けながら生活できる介護施設です。施設によって受けられるサービスには差があり、毎日レクレーションや脳トレがあったり、映画上映専用の部屋が設けられたりしている施設もあります。

入居のための要件はなく、自立の方から要介護5の方まで利用できます。そのため、お金に余裕がある軽介護度の方や、ほぼ寝たきりの重介護度の方などに向いています。

介護付有料老人ホームの費用は、入居一時金は0円から数億円で、月額料金は15万から30万ほどです。入居一時金が0円のところは、月額料金が高めな傾向があります。

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料法人ホームは、介護サービスを必要としない方が生活する施設です。介護サービスを利用するときは、外部と契約する必要があります。基本的に自力で生活できる方が対象となる施設です。住宅型有料老人ホームの費用は、入居一時金は0円から数億円で、月額料金は15万から30万ほどであり、介護付有料老人ホームと大きな差はありません。

グループホーム

グループホームは、認知症高齢者の方が共同生活をするための施設です。5人から9人を1ユニットとし、調理や食事、洗濯などを利用者が分担して行いながら生活します。認知症の進行を防ぎたいという方に向いています。入居要件は、要支援2以上の認知症高齢者であることです。入居一時金は0円から数100万円であり、月額費用は10万から30万ほどです。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム(特養)は、介護付有料老人ホームと同様、介護サービスを受けながら生活できる施設です。入居条件は要介護3以上となっています。 要介護3以上の認知症高齢者や、寝たきりの方などに向いています。

介護付有料老人ホームとの違いは、特養の居室は個室ではないことや、料金が安いため入居待ちをしなくてはならないケースがあることなどが挙げられます。
また、特養には入居一時金はありません。月額料金は7万から15万円です。

介護老人保健施設

介護老人保健施設(老健)は、介護サービスに加えてリハビリサービスが充実している施設です。老健の目的は「在宅で生活できるようにすること」です。 病院にいる高齢者で、自宅での生活が不安な方などに向いています。入居条件は要介護1以上です。また、入居できる期間は3ヶ月から半年の間となっています。料金ですが、一時金はありません。月額料金は10万から20万円です。

介護医療院

介護医療院は、医療サービスを受けられる介護施設です。介護療養型医療施設が前身となっており、2024年までに全てが介護医療院に移行を目指しています。今まで紹介してきた施設とは異なり、看護師や医師が常駐しているところが特徴なので、日常的に医療サービスを受けている方に向いています。

介護度は重度の方から軽度の方まで利用できます。費用は利用する方の介護度によって異なってきますが、月額10万から18万円ほどです。入居一時金はかかりません。

ケアハウス

ケアハウスは、比較的介護度の軽い方が入所する施設で、介護サービスを受けながら生活できます。身の回りのことはできる一方で独居をするには不安な方などにオススメです。
入居条件は、要介護2以下であることです。
必要な費用は、一時金が10万から数100万、月額料金が7万から20万ほどかかります。

まとめ

介護施設を選ぶポイントは、家族の状態を把握することと、各施設の特徴を理解することです。介護施設はそれぞれの概要・運営主体・入居条件・費用などの観点で見るのをオススメします。