はじめての老人ホームガイド

健康型有料老人ホームについて徹底解説

老人ホーム,介護施設

健康型有料老人ホームは、シニアライフを楽しむ健康な方向けの有料老人ホームです。
シニアライフを楽しむためのレクリエーション施設や設備が充実していて、ほとんどの家事をスタッフに依頼することが出来ます。
中にはプールやテニスコートがあり、コンシェルジュが常駐する豪華なホテルのような施設もあります。
基本的には介護を前提としていない老人ホームのため、病気や認知症などが進み、日常的なケアが必要になれば、契約を解除し、退去しなければなりません。
入居前に「介護付き有料老人ホーム」と提携しているかなど、介護度が高くなった場合の選択肢も確認しておきましょう。

住宅型有料老人ホームの特徴

「健康型有料老人ホーム」は、シニアライフを楽しむ健康な方向けに設計されているため、介護前提ではなく、シニアライフの充実に重きが置かれているのが特徴です。
レクリエーションや外出イベントをはじめ、施設内にはトレーニングルーム・シアタールーム・カラオケルーム・麻雀など施設内でも充実した楽しい時間を過ごせるようになっています。
健康型有料老人ホームは、全国に16ヵ所ほどで、老人ホーム全体に占める割合が1%程度と非常に少ないです。

入居条件について

入居条件は原則、60歳以上の方で「自立」の方になります。
施設によっては「要支援」の方でも相談可となる場合がありますが、介護は必要とせずに、生活の自立ができる方が対象となります。
病気や認知症が進んだ場合や、介護が必要になった場合には、退去をしなければいけません。
施設によっては提携している介護付き有料老人ホームを紹介してもらえることもあるため、事前に確認していきましょう。

費用・入居一時金について

健康型有料老人ホームの費用は「入居一時金」と、「月額費用」が必要になります。
「入居一時金」は実質的な家賃の前払いとみなして「月額費用」を減額し、償却期間(一般的に5年)を過ぎても減額された家賃が継続できる仕組みです。

入居一時金については、住宅型有料老人ホームや、介護付き有料老人ホームと比べて高めに設定されている施設が多いです。
介護が必要となった場合には退去しなくてはいけないため、入居一時金の初期償却の割合や、償却期間についても事前に確認していきましょう。
入居一時金の目安は0円~数千万円まで施設によって様々です。
また、月額費用の目安は10万円~40万円程度が一般的です。
まずはご予算のチェックから進めていきましょう。

医療体制について

施設が提携している医療機関において、定期健診を行い健康状態をチェックします。
健康型有料老人ホームの場合、介護を想定した施設ではないため、日常的な医療ケア・認知症の進行・介護が必要になった場合には退去しなければなりません。
入居前にはご自身の入居想定期間や介護が必要になった場合、施設が提携している介護付き有料老人ホームを紹介してもらえるかなども、事前に確認していきましょう。

スタッフが提供するサービス

健康型有料老人ホームでは日常生活の家事全般を施設スタッフが行います。
自立している方であるため、介護サービスはなく、食事提供、洗濯、掃除といった日常生活サポート、緊急時の対応が中心です。
施設によっては、高級ホテルのコンシェルジュように、入居者様のご要望に合わせてサービス提供している施設もあります。

日中活動について

レクリエーションや外出イベントをはじめ、施設内にはトレーニングルーム・シアタールーム・カラオケルーム・麻雀など施設内でも充実した楽しい時間を過ごせるようになっています。
シニア同士の交流も多いため、アクティブにシニアライフを過ごしたいという方にオススメです。

まずはお気軽にご相談ください。
お客様のご予算、希望エリア、医療体制、介護体制からご希望に合った施設をお探しします。
お客様の「わからない」「悩む」「困った」を、プロの視点から的確にアドバイスさせていただき、施設探しからご入居までの、「あなたに合った最適な施設探しにこたえる」ことをお約束いたします。