はじめての老人ホームガイド

住宅型有料老人ホームについて徹底解説

老人ホーム,介護施設

住宅型有料老人ホームは、自立した健康な方、要介護度が比較的軽度の高齢者向けの民間の老人ホームです。
基本的には食事サービス、緊急時の対応などの日常生活の支援、レクリエーションを提供しています。
介護サービスについては、別途、介護サービス事業者と個別に契約して利用する仕組みです。
介護付き有料老人ホームと異なり、要介護者本人に合ったオーダーメイドの介護サービスを受けることが可能です。
介護付き有料老人ホームと変わらないケア体制の施設がある一方で、介護度が高くなり介護ケアが必要となれば住み続けることが難しい施設もあります。

住宅型有料老人ホームの特徴

「住宅型有料老人ホーム」は、「健康型有料老人ホーム」「介護付き有料老人ホーム」を含めた、一般的に「有料老人ホーム」と言われる全体の60%を占めています。
各都道府県から介護保険の「特定施設入居者生活介護」の指定を受けていないため、「介護付き」「ケア付き」の表記はなく運営しています。
スタッフの人員配置にも基準がないことから、施設によってケア体制も様々です。

住宅型有料老人ホームの場合、敷地内に介護サービスを提供する関連事業者が入っていることが多いです。
サービス費用は、介護保険の対象となる1割、または2割の自己負担が必要になります。
介護度が高くなると、介護保険の限度額を超えた部分は追加料金(全額自己負担)となるため、介護付き有料老人ホームと比べて割高になる場合があります。
目安として要介護度3を超えて来ると、介護付き有料老人ホームより高くなる場合が多いです。
入居時点の状態だけでなく、介護度が高くなった際の対応についても事前に確認していきましょう。

入居条件について

入居条件は原則、60歳以上の方になります。
「自立」している元気なうちから入居が可能で、軽度な要介護者も受け入れる施設が一般的です。

最近では介護サービスが充実している施設も多く、「要支援」「要介護」を積極的に受け入れる施設も増えてきています。
ケア体制が充実している施設では、介護付き有料老人ホームと同等のサービスを受けることが出来るようになってきています。
施設選びの際には、事前にケア体制やスタッフの人員体制、介護が必要になった場合の対応について確認しておきましょう。

費用・入居一時金について

住宅型有料老人ホームの費用は「入居一時金」と、「月額費用」+「介護サービス費」が必要になります。
「入居一時金」は実質的な家賃の前払いとみなして「月額費用」を減額し、償却期間(一般的に5年)を過ぎても減額された家賃が継続できる仕組みです。

入居金0円で入居できるプランも用意されています。
その場合には、入居時の月額利用料がずっと継続される仕組みで、入居金を支払う場合と比べて月額利用料は高くなります。
介護サービスは、別途、介護サービス事業者と個別に契約して利用する仕組みのため、介護保険の対象となる1割、または2割の自己負担が必要になります。
住宅型有料老人ホームの場合、入居のための価格帯は幅広いです。
家賃や食費や基本サービス込みで、入居一時金0円+月額利用料10万円以下の安価なところがある一方、数千万円~1億円程度の高級な施設まで様々です。
入居金の目安は「0円~1億円以上する施設」まで施設によって様々です。

また、月額費用の目安は10万円~40万円程度が一般的です。
まずはご予算のチェックから進めていきましょう。

医療体制について

医療対応については、別途契約する介護サービス事業者や定期通院先の医療機関と連携によりサポートする仕組みが一般的です。
施設ごとにケア体制が充実している施設も増えてきておりますが、設備や契約する介護事業者でも対応可否が異なります。
検討する施設で持病に対応できるか、病状が悪化した際の対応など、しっかりと事前に確認していきましょう。

スタッフ人員・介護体制について

スタッフの人員配置にも基準がないことから、施設によってケア体制も様々です。
介護体制については別途、介護サービス事業者と個別に契約して利用する仕組みとなります。
介護付き有料老人ホームと異なり、要介護者本人に合ったオーダーメイドの介護サービスを受けることが可能です。

最近では介護サービスが充実している施設も多く、「要支援」「要介護」を積極的に受け入れる施設も増えてきています。
ケア体制が充実している施設では、介護付き有料老人ホームと同等のサービスを受けることが出来るようになってきています。
見学時にスタッフ体制や介護体制について、しっかりと確認していきましょう。

日中活動について

施設ごとにレクリエーションや各種イベントについても異なりますので、見学には日中の様子についても確認していきましょう。
介護付き有料老人ホームと同じように、入居者が集まって理学療法士などの運動指導を受けたり、外部スタッフが行う音楽療法やイベント、レクリエーションが用意されている施設もあります。
月間でプログラムが組まれており、自主的に楽しむことができます。

まずはお気軽にご相談ください。
お客様のご予算、希望エリア、医療体制、介護体制からご希望に合った施設をお探しします。
お客様の「わからない」「悩む」「困った」を、プロの視点から的確にアドバイスさせていただき、施設探しからご入居までの、「あなたに合った最適な施設探しにこたえる」ことをお約束いたします。