はじめての老人ホームガイド

サービス付き高齢者向け住宅に入居する時の費用は?

老人ホーム,介護施設,サービス付き高齢者向け住宅,サ高住

サービス付き高齢者向け住宅では、一般的な賃貸住宅と似た料金体系で、入居時には「敷金」が必要になることが一般的です。
通常の賃貸住宅同様に未払などに備えるための保証金になります。
施設によっては、0円で入居できるプランや、家賃前払いプランを用意しているところまで様々です。

毎月かかる費用は、家賃や水道光熱費、生活相談サービスなどの「固定費」と、食事等を申込した場合の「オプション費用」になります。
その他は医療費、介護サービス費などいった部分になります。
敷金の目安は0円~数十万円、月額費用目安は8万~25万+介護費等になります。
エリアや駅からのアクセス、サービス体制などの条件面などでも費用は大きく異なります。
まずはご予算のチェックから進めていきましょう。

上乗せ介護サービス費用とは

「上乗せ介護サービス費用」とは、職員の人員配置が通常よりも手厚い人員配置になっている場合に別途費用がかかります。
指定基準の「入居者3名に対して、スタッフが1人以上の介護または看護スタッフを配置」に対して、「2.5:1」、「2:1」ということであれば、通常よりも手厚い体制となっています。
こちらは入居時に支払うケースと、月々に支払うケースがあります。

オプション料金とは

サービス付き高齢者向け住宅の「オプション料金」とは病院付き添いや買い物代行などにもオプション料金がかかります。
施設によってオプションで提供するサービスと設定金額を定めているため、見学時によく確認しましょう。
事前に介護保険内で賄われるサービスがどれくらいあるのかもしっかりと確認していきましょう。

まずはお気軽にご相談ください。
お客様のご予算、希望エリア、医療体制、介護体制からご希望に合った施設をお探しします。
お客様の「わからない」「悩む」「困った」を、プロの視点から的確にアドバイスさせていただき、施設探しからご入居までの、「あなたに合った最適な施設探しにこたえる」ことをお約束いたします。